荒鷲日記

サッカーについて、エルナン・クレスポについて、その他諸々なblog

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップゥーーー!

2006-06-10-Sat-18:40
開会式ついにW杯開幕。
オープニングセレモニーは華やかで時間もダラダラ長くなかったのが良かった。2002はやけに長かったように記憶している。歴代優勝国の元選手達が登場してきたシーンも良かった。出来れば出場する選手の入場行進なんかもあったらいいのになと思うんだけれども無理な話か。ファンとしてはかなり萌えるのに。(笑)

ドイツ4-2コスタリカ
予想通りドイツの勝利。ではあったが完璧な勝利とは行かなかったかなと。あの守備はちょっとやばい。妙にDFライン高いし、オフサイドトラップ失敗で裏取られて2失点。ドイツは正直4バックに向いてないと思う。一人余らした3バックでいいんじゃね?まぁ攻撃は凄かった。「点獲られたら獲り返せば良い」て感じでスペイン的な精神のサッカーに見えたな。(笑)それにしても4点目のフリングスのロングシュートは凄かった。開幕にして今大会のベストゴールになりそうなゴールだったね。ってかあのボール飛びすぎだな。
コスタリカはワンチョペの決定力はさすが。もう一人のFWゴメスは今大会のイケメンNo1かもしれんね。(爆)

ポーランド0-2エクアドル
ポーランドが押し気味で入った序盤だったが、エクアドルがワンチャンスで先制、後半も1点加えて2点を守りきったエクアドルが快勝。ポーランドは押してはいるんだけど、いい形がつくれなかったねえ。エクアドルの粘り強いDFが光ったと言っていいのかもしれないけど。後半のバーとポストに嫌われたのが残念。エクアドルはしたたかな試合運びで、粘り強い守りからの攻撃に転じる上手さは南米予選でも見てたので見事にはまったな。右サイドバックのデラクルスはいい選手。途中入ったカビエデスもいい仕事をした。カビエデス超懐かしい。以前と比べて随分ゴツくなったな。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。