荒鷲日記

サッカーについて、エルナン・クレスポについて、その他諸々なblog

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本×ブルガリア

2006-05-09-Tue-23:30
日本1-2ブルガリア

キリンカップのブルガリア戦は、後半からしか見れなかったけど、結局負けか。。あのロスタイムで決められたFKは止めて欲しかったよなぁ川口。同点に追いついて更に逆転を狙うべく必死の攻撃をしてたのに、あの失笑もんの失点にはポカーーーーンでしたわ。川口はハイボールの処理もハンブルしてたし、かなりヤバかった。FWの代表争いを語る以前にGKはあれでいいのかと。
攻撃はやっぱり、点獲らなきゃいくら怒涛の攻撃を見せても意味無いよな。例えいいシュート撃っても、いいパス出しても、トリッキーなプレー見せても、点が入らなきゃー意味が無い。んで点入る時は意図したものとは違った形で入ってしまう。サッカーって不思議。
巻のゴールもややラッキーな感じではあったが、あれは十分評価出来るゴール。あそこに詰めていたことが重要。試合後のインタビューでは「もっとしっかりとした形で結果を残したかった」と不満そうではあったが・・・。でもまぁ良かったんじゃねーの?
しかしジーコも、巻に代えて佐藤は無いよな。前線にデカイの最低1枚は残しとけよ。ちびっこ2人だと空中のオプションなくなるからキツイ。いくらサイドからクロス上げても競り合い勝てるわけねー。
全くジーコは何考えてるんだか・・・。
多分、俺が監督やった方が強いチーム作れるな。(ウソ)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。