荒鷲日記

サッカーについて、エルナン・クレスポについて、その他諸々なblog

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー×ウエストブロムウィッチ

2005-08-25-Thu-22:28
チェルシー 4-0 ウエストブロムウィッチ
得点者:ランパード 23' 80' コール 43' ドログバ 68'

チェルシー快勝でしたな。
快勝過ぎて、褒めることしかないって感じだが、それにしても相手にシュート1本も打たれなかったのは凄いね。ヒヤっとする場面も当然無かったし、GKのクディチーニも集中力を維持するのが大変だったと思う。欠伸の一つや二つしてたな、多分。
ウエストブロムはやる気あんのか?って感じ。主力も温存していた見たいで、はじめから諦めてた感が強い。稲本は頑張ってたように見えたけどもね。あんな展開になった時は、パス受けたら自分でドリブル突破とかして、思いっきりの良いプレーしてアピールした方がいいと思うな。ワンタッチで周りにパス出しても何のアピールにもならん。
creina話をチェルシーに戻すと、エッシェンは正直、凄そう。あの運動量と言い、攻守に安定感あるね。シュートも強烈だし・・・。何よりも来て早々フィットしてるのが凄い。ふてぶてしい顔も良い。(笑)デルオルノはかなり心配されてたね、某解説者に。まだフィットしてないだけだろう?とは思うが、なぜそこまで酷評するのか分からん。

クレスポは後半途中出場だったが、あまり見せ場がなかった。
一応、得点には絡んでたけどね。一応。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

チェルシーVSウエスト・ブロムウィッチ 強烈なエッシェンのパフォーマンス<サッカー:プレミアリーグ>

チェルシー 4 VS 0 ウエスト・ブロムウィッチランパードの2得点とジョー・コール、ドログバの得点で勝利。圧勝と言っていいだろう。ウエスト・ブロムウィッチの攻撃しているシーンがほとんどなかった。稲本は後半14分から出てきて、まあまあの動き。前線から

ランパードの2得点でチェルシーが大勝。

チェルシーのプレミアリーグ3戦目。 昨季最後の試合で見事残留を決めた ウェストブロムウィッチをホームに迎えた試合は ランパードのゴールを皮切りにチェルシーが4-0と 相手チームに1本のシュートも撃たせない完勝でした。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。